5月の特集:あたらしい美術館に行こう!

writer
はちまち制作室
『はちまち』を通して八戸の愛おしさをデンパする、まちの制作室です。わきあいあいと運営しております!

TwitterInstagramFacebook|ID@8hachimachi

昨年11月に開館し、すでに八戸中心街の街並みに溶け込みつつある〈八戸市美術館〉。今や八戸市の新たな観光地のひとつとして、観光客も多く訪れているそうです。

今回は、そんな〈八戸市美術館〉をもっと楽しむためのまち歩きガイド!

美術館で行われている展示や、近くのカフェなどを紹介していきます。

 

〈八戸市美術館〉のコレクションを楽しもう。

〈八戸市美術館〉でコレクション展を開催中。全3章からなる八戸の“モノガタリ”とは。【番町】

〈八戸市美術館〉2つ目の企画展は、『持続するモノガタリ-語る・繋がる・育む 八戸市美術館コレクションから』。約3,000点収蔵されているコレクションの中から、厳選された作品たちが展示されています。

長い年月と歴史を経て集められたコレクションたちは、私たちに一体何を伝えようとしてくれているのでしょうか?
八戸市民にこそ見てほしい、知ってほしい“モノガタリ”が、そこにありました。

 

噂の新しいカフェに潜入してきました!

〈八戸市美術館〉横の通り沿いにオープンした〈コワーキングカフェ エスタシオン〉。

シックな色使いと全面ガラス張りの外観によって醸し出される外観の洗練された雰囲気は、〈八戸市美術館〉ともマッチしており、番町の通りに新しい風を吹かせているようです。

新しくオープンしたばかりで謎のベールに包まれた(?)〈エスタシオン〉ですが、その名の通り、ここはコワーキングスペースを備えた高機能カフェ。
私たち市民は、どんな風に楽しむことができるのか、徹底調査してきました!

 

心満たされるおいしさ!フルーツとスイーツで癒されよう。

公開日

まちのお店を知る

最近見たページ