おいしい魚をお値打ち価格で! 〈魚や 吟翠〉で旬の魚を楽しもう。

入ってみなければわからない。そんな店が八戸にはたくさんありますが、〈魚や 吟翠〉もそのひとつでした。一見、高級店のようですが、実際はお手頃価格で旬のものを楽しめるお店でした。驚きを隠せないまま取材を終え、その感動をしたためます。

writer
小田桐咲-amy-odagiri

1996年生まれ。直感と勢いで生きる牡羊座。青森県八戸市出身。5歳から武術太極拳(カンフー)を嗜んでおり、2019年の全日本チャンピオン。2026年のあおもり国スポでの優勝を目指し、20208月にUターン。『海猫ふれんず』として地元の情報も発信中。育ててくれた街や人に感謝して、その恩を返していけるように活動していきたいです。
Instagram|『海猫ふれんず』はこちら

三日町の〈さくら野百貨店〉の交差点を渡り、〈ニューバッグモリタ〉の隣にあるハートマルフクビル。こちらの2階に店をかまえるのが〈串焼きと郷土料理 魚や 吟翠〉です。

エレベーターを降りると、高級感あふれる看板にド緊張! 今日の手持ちで足りるかな……?
不安もありますが、いざ、店内へ!

 

〈魚や 吟翠〉で旬の魚を楽しもう!

〈魚や 吟翠〉の魅力のひとつは、旬のものを、おすすめできる状態で提供していること。刺身があれば、天ぷらや磯焼きもあります。それぞれの素材にあった調理法で、料理を提供しているのだそう。

今回は、グランドメニューではなく、「冬の板さんおすすめ」というメニューから紹介いたします!

まずは、「旬の刺身三点盛り」(880円)。真鱈の昆布締め、活ひらめ刺し、活北寄貝刺身の三点盛りです。
青森の冬といえば、必ず挙がるであろうこの3品! シーズン中に、絶対に食べてほしい刺身たちです。特製のつくり醤油で召し上がれ。

次は、「北寄貝磯焼き」(700円)。三点盛りにも乗っていた北寄貝を、今度は磯焼きでいただきます。
火が通った北寄貝のぷりぷり感もさることながら、甘じょっぱい出汁がよく染み込んでおり、日本酒が欲しくなってしまいます。これぞまさに、“八戸の味”!

最後は、真鱈白子の料理を2品紹介していきます。まずは、「真鱈白子ポン酢」(780円)。

つやつやの白子が、キラキラとポン酢の中に浮かんでいます。宝石なのかな?
旬の白子はぷくぷくとしており、クリーミーな味わいがダントツです。添えられているもみじおろしとの相性も抜群です。

そして「真鱈白子の天ぷら」(780円)。紹介する前に、一言いいでしょうか?

「な、なんだこれは……! おいしいがすぎる‼️‼️」

実は私、メニューにあれば、必ず頼むほどの「真鱈白子の天ぷら」ファン。今まで数々の「真鱈白子の天ぷら」を食べてきましたが、こんなに心打たれた真鱈白子の天ぷらははじめてです。

口に入れた瞬間、サク…と心地よい音を立てて崩れる衣。その中身にふわりと優しく触れたかと思えば、熱々の白子がトロリと溶け出します。なんて上品な「真鱈白子の天ぷら」なんだ‼️

塩がまた素晴らしい役割を果たしており、白子の旨みを邪魔することなく、むしろ前面に引き立ててくれるようです。レモンをかけても風味が変わって楽しめます。さらに、スタッフさんにいえば天つゆも出してくれるのだそう。 はい、優勝!!!

 

お会計でびっくりの、お値打ち価格。

さてみなさん、お気づきでしょうか。こんなに上品で味わい深いお料理たちが、なんとお値打ち価格で提供されていることに!

先ほど紹介した4品、「旬の刺身三点盛り」(880円)、「北寄貝磯焼き」(700円)、「真鱈白子ポン酢」(780円)、「真鱈白子の天ぷら」(780円)と、どれも1,000円以下。合計しても、3,140円! 全然高くない‼️

お料理、店内の雰囲気、スタッフさんの接客などからイメージされる金額とはほど遠く、あまりにも普通のお値段で、筆者も驚きを隠せません。
グランドメニューにも、いわゆる居酒屋にあるようなメニューが並んでいますが、どれもこれも、一般的なお値段。安いのは旬のものだけではない。

「お客様にもよく『お会計間違えてない?』と聞かれます」と笑いながら答えてくださったスタッフさん。

〈魚や 吟翠〉のコンセプトは、「おいしいものをお値打ち価格で提供する」なのだそう。いかに安く、そしておいしく喜んでもらえるか、ということを考え、日々努力を続けています。

店内の至るところにペイントが施されています。

同店を営むのは、〈活魚・寿し・和食処 やま文〉をはじめとする3店舗の飲食店を経営している〈村本水産〉。漁業や水産加工なども行っているため、独自の仕入れルートなども生かし、どの店でも安価な提供が可能になっているのだそう。

「毎朝社長が魚を仕入れ、それを持って走ってくるんです」とスタッフさんが語ってくださいました。最前線で頑張る社長の背中を見て、従業員も一致団結し、コロナ禍を乗り越えてきたんですね。

 

八戸初! “秒でサワー”の飲み放題。

テーブル席を覗くと、机の上にサーバーが⁉️

こちらは、「秒でサワー」という、サワー飲み放題用の席。サーバーからは、プレーンサワーが出てきます。注文されたお客さんには、無料のレモンシロップが渡され、お客さん自身でレモンサワーをつくって飲んでもらうというシステムです。

60分で600円、90分で900円、120分で1,200円と、こちらもお手頃価格。追加料金でレモン以外のシロップも楽しめるほか、樽切れに当たったらラッキーなことがある、乾杯ビールが半額になるなど、面白い仕掛けも用意。

そして、「秒でサワー」を導入したのは、なんと〈魚や 吟翠〉が八戸初! 

こちらのサービスを開始するために、県外へ視察に行ったこともあるそうです。
地域のお客さんだけでなく、県外から来た八戸を楽しみたいお客さんのために、常に企業努力を続ける〈魚や 吟翠〉の姿に感服いたしました。

今回は個室に案内していただきましたが、それぞれのお部屋にはお花の名前がつけられていました。お花のおかげで、自分の席がどこにあるのか、迷うことはなさそうです。

私たちは、いちょうのお部屋でした。

掘りごたつの個室以外にも、大人数で宴会も開ける大部屋や、テーブル席もあります。

おもてなしや顔合わせにも利用されることも多い同店ですが、家族や友人との食事、新年会や歓送迎会など、どんなシチュエーションでもフラットに利用できそうです。

一見、高級店と思われる〈魚や 吟翠〉。私も勘違いしていました。

確かに、高級感あふれる落ち着く店内になっていますが、お値段はお手頃で、スタッフさんは優しく、心温まる空間がそこにありました。そしてそれは、お店のみなさんの努力から成り立っているのですね。

八戸の旬のものを食べたいとき、県外から友人が遊びに来たときはぜひ、〈魚や 吟翠〉へ足を運んでみてくださいね。

公開日
Shop Info

串焼きと郷土料理 魚や 吟翠

住所
青森県八戸市大字三日町16番地 ハートマルフクビル2F
電話番号
0178-51-8228
営業時間
11時30分〜14時45分(14時LO)、17時30分〜24時(23時LO)
定休日
水曜
席数
20席
公式HP
http://www.muramoto-suisan.jp/publics/index/80/
公式SNS

まちのお店を知る

最近見たページ